話し方教室「パブリックスピーキングのストレスを軽減する方法とは?」(社長・経営者スピーチ&コミュニケーション講座東京)

人前で話すストレスは、全世界共通

人前で話す状況下では、世界中の殆どの人がプレッシャーを感じています。「死ぬ恐怖にも勝る」と言われているくらいです。

人前で話す場面では、多くはストレスホルモン「コレチゾール」が急激に上昇し、過剰なストレスを感じます。そして過剰なストレスにより、パブリックスピーキングに対する恐怖、不安は増幅するのです。

ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)誌では、パブリックスピーキングに対するストレス要因について述べていますのでご紹介しておきましょう。

スピーチに対するストレス要因とは?

HBRでは、「プレゼンテーション、スピーチなどパブリックスピーキングの出来は、話し手の評価に直結する。それゆえ、その失敗は、『社会的リスク』(社会的評価を下げるリスク)につながる。そのことが、ストレスが増大する要因の一つ」と述べています。

またパブリックスピーキングのストレス要因としてもう一つ。社会的リスクに加えて、「自己中心性バイアス」(自己基準により解釈した他者の自己に対する注目度と、実際の注目度における差異)も挙げています。

自己中心性バイアスが高い場合、ストレスは大きくなり、そのストレスは、ワーキングメモリ(作業記憶、作動記憶)の働きを低下させます。パブリックスピーキングにおいてストレスが増幅すると、話し手は一時的な情報記憶・処理能力が低下し、話の展開や伝え方、聞き手に対する反応に悪影響を及ぼすと言われているのです。

パブリックスピーキングのストレスを軽減するには

さて、人前でのスピーチのストレスを軽減する方法は、(これまでも私は何度も述べて来ているのですが、)それは、「圧倒的なスピーチの実力」以外にはありません。ですから、そのスピーチの実力を高めることが、何よりも重要になるのです。

上記の「社会的リスク」でも、失敗する程度のスピーチの力だからこそ問題になるのであって、「いつでも成功するスピーチレベル」の「高度話力」を手に入れれば、そのリスクは問題にならなくなります。

また、「自己中心性バイアス」。これは自意識過剰というやつです。実際のところ、「自分が思うほど、他人はあたなに関心がありません」し、また「(内容の良し悪しに関係なく、)聞き手は、あなたのスピーチの多くを記憶していない」のです。この実態を知ることが大事でしょう。もっとも、これさえ「圧倒的なスピーチの実力」の前では問題になりません。

では、圧倒的スピーチの実力をつけるには、どうするか。それには「訓練」しかないのです。この訓練とは、「場数」ではありません。本学の社長コースで学んでください。それが一番です。

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社長・経営者の話力・スピーチ力開発