話し方教室「自信があるように見せるスピーチの方法はあるのだろうか?」(社長・経営者講座東京)

地球上の多くの人にとって「スピーチは恐怖」である

多くのアメリカ人の最も恐れることの一つに、「パブリック・スピーキング(人前で話すこと)」があります。これは、過去に幾つかのメディアで明らかにされています。「え、あの陽気なアメリカ人が?」と意外に思う日本人は少なくないことでしょう。しかし実際のところ、アメリカでも、ヨーロッパでも管理職の7割は「スピーチやプレゼンテーションにプレッシャーを感じる」というのです。

しかしながら、会社のトップに立つ人にとって、パブリック・スピーキングができないと、その事業に大きな痛手となるのはご承知の通りです。今回は、「自信がなくとも、自信があるように見せられる」スピーチの方法をご案内するとしましょう。

スピードをコントロールする、役を演じてスピーチする

まず、話すスピードをコントロールする必要があります。

これにより、聞き手の興味を引くことができ、自信を示すことができます。また、しっかりと話に「間」を作ると、より効果的になると言えます。急いで話すとミスも多くなるので、その改善にもつながっていことでしょう。

次に、ステージの上では誰かになりきって、スピーチをすることをお勧めします。

つまり役を演じるのです。憧れの誰かや、何かのキャラクターになりきることで緊張や不安の払拭にもつながります。自分の好きな話し方をする人を探してみると良いでしょう。

話し方教室の要点「うまい!と思わせるパブリック・スピーキングのポイント」

1.話すスピードをコントロールすること。聞き手の興味を引き、かつ自信を示すことができる。しっかりと話に「間」をとると、より効果的になる。

2.ステージ上では誰かになりきって、スピーチするのはよい方法である。緊張や不安を払拭することにもつながる。

アメリカ人の最も恐れることの一つが「人前でのスピーチ」だと分かっています。これは「死ぬ恐怖」よりも上位にくるのです。しかし、会社の社長や経営者にとって、スピーチを避けては通れないのが実際です。

スピーチの恐怖や、スピーチの際の「あがり症」をなくす秘訣は、断トツの「実力」をつけるしかありません。そしてそのためには断トツの「訓練」が必要になります。つまり時間がかかるのです。しかし、幸い日本には、断トツの「実力」を、「最短」で身に付けるスピーチ講座が、ただ一つだけあります。それが本学の「社長の話し方教室(東京)」になります。ぜひご利用になることをお勧めいたします。

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ/社長・経営者の話力・スピーチ力開発