話し方教室「能力あるリーダーの部下対応・コミュニケーションのあり方」(社長・経営者講座東京)

部下への対応のあり方で、リーダーの能力が分かる

多くのリーダ達は部下からの批難や攻撃があると、反射的に、感情的に、反応してしまうのではないでしょうか。

しかしリーダーは、こんな時にも冷静さを保つように心掛けたいものです。その冷静な対応により、部下に対して、自分が信用・信頼に足りるリーダーであると示すことができるからです。

一方、批難に反論したらどうなるでしょう?部下は「このリーダーは、理性的ではない。客観的に物事を見ることが出来ない」と受け取る可能性が高くなります。望ましい対応は、部下の批難を受け入れ、自分の非を認めて謝罪することです。

リーダーは常に「自分は完璧ではなく、仕事でもプライベートでもミスをおかす」と心に留めておくことが大事です。

リーダーは、部下に対する「説明の仕方・話し方」を準備する

部下に対して仕事の目標や方針などを伝える場合、本来リーダーは、事前に言葉遣いや表現方法といった説明の仕方を考えて、準備する必要があるのです。しかし私の見る限りでは、準備もなく、迂闊に伝えてしまうリーダーの方が圧倒的に多いようです。

特に、部下に重要な要件を説明する際には、異なる方法で、数回にわたって説明することが必要になります。いずれにしても、説明の際、リーダーは「部下を気にかけ、気遣っている」ことを言葉や態度で示す必要があるのです。

指示・命令も、部下の立場に立って考えてみる

ご承知の通り、リーダーから指示を受けても、全ての部下が快く対応するとは限りません。部下には部下の事情というものがあるからです。「ガタガタ言わないで、命令だからやれ!」では、部下の心が離れてしまうことでしょう。

リーダーは、状況によっては部下の意見を聞く必要もあります。「私は、この施策は会社としても、顧客にとっても大事なことだと思っています。あなたはどう思いますか?」と。

もし反論されたとしても、感情的にならずに「なるほど。それでは、○○の目標を達成できる、ほかの良い選択肢を教えてもらえませんか?」「これより良い提案なら、そちらを採用したい」と述べのが望ましいでしょう。

リーダーは、「部下の立場に立って」考えてみて、そして気遣いを示す。これは有能なリーダーの条件と言っても過言ではないでしょう。

(2018/09/26ブログ更新,2017/02/25初出)

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/学院総長・社長ブログ