社長・リーダーの話し方教室|即座のスピーチにもあわてない!抑えておくべきポイントは?

準備もなくスピーチの依頼をされた!

社長や経営幹部は、会議やミーティングの場において、準備もなく即座のスピーチを依頼されることがよくあります。

多くの社長や幹部はスピーチ経験が多いはずですから、特に問題にはならないでしょう。しかし、経験が少ない方なら突発的なスピーチにたじろいでしまうかもしれませんね。

今回は、即座のスピーチにあわてないために、どんなポイントを抑えておけば良いかを述べておきましょう。

結論→理由→結論で、メリハリのあるスピーチを

即座のスピーチでは、テーマ選びに困るかもしれません。そんな場合は、その日の会議に関連したテーマを選べば良いのです。

そして、スピーチの構成は、先に結論を持ってくるようにします。結論を先に述べた上で、次に結論の理由を述べ、最後に再び結論を述べてスピーチをまとめます。そうすると、わかりやすいスピーチになります。

事前に、スピーチの構成のひな形を頭の中に入れておくことで、即座のスピーチにも十分に対応できるようになることでしょう。

社長・経営幹部なら、ワンランク上のスピーチ力・話力の習得を

また、社長・経営幹部なら、もっとわかりやすく伝えるにはどうすればよいかを、いつも考えて欲しいものです。

つまり会議の参加者に合わせて、スピーチの仕方も工夫して欲しいわけです。たとえば、どんなスピーチの「内容」にすれば、よりよく伝わるのか。「伝え方」は、淡々と述べるのがよいか、それとも熱く語るのがよいのか。きっぱりと述べるべきか、考えさせた方がよいのか。そんなことまで、考えてスピーチをして欲しいものです。

そして、経営者・経営幹部たるもの、いつ、いかなる時でも、どっしりと構えて、落ち着いてスピーチしたいものですね。

実は「いつ、いかなる時でも、どっしりと構えて、落ち着いてスピーチ」するためには、当然のことながら「高度な話力」が必要になります。もしスピーチの話力に自信がない、不安がある社長・経営者の方なら、本講座「社長・経営者の話し方教室(東京)」で特訓を受けてください。それが問題解決の一番の近道になることは間違いありませんから。

© スピーチの名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/学院総長・社長ブログ