社長・リーダーの話し方教室|無難な言葉では伝わりにくい!率直な思いをスピーチに込めよう

スピーチの「無難な言葉」は、つまらない!

長年スピーチを行っていると、スピーチの表現が無難な言葉になってくることがあります。

スピーチをする側としては、無難な言葉であれば当たり障りなくスピーチできます。しかし聞き手にとっては、その当たり障りのないスピーチはつまらなく感じてしまうものでもあるのです。

スピーチで自分の思いをキチンと伝えたいなら、自分の思いが詰まったオリジナルな言葉を使ってみましょう。

率直な気持ちを言葉にして、聞き手をつかむスピーチを

スピーチで、特に無難な言い回しになりやすいのが、スピーチの出だしです。スピーチの出だしでは、その日の天候をベースにした言い回しがよく見受けられます。

例えば、イベントでの挨拶で「今日はポカポカとした暖かい日で、イベント日和の一日となりました」というように、無難な出だしからスタートするスピーチを耳にしたことがある方は、決して少なくないことでしょう。

スピーチに慣れていない方や、あがり症の方ならこのスピーチでも差し支えないと思うのですが、スピーチの経験が豊富な社長や経営者の方なら、もうひと工夫したいところです。自身のオリジナルな言葉でスピーチしてほしいのです。

そこで、こんな感じのスピーチはいかがでしょうか。「いよいよ、待ちに待ったイベントの日がやってきました。私はもう、昨晩は眠れませんでした!皆さん、今日は心ゆくまで、存分に楽しみましょう!」と。

これなら話し手が聞き手とコミュニケーションをとっているようで、楽しい気持ちがをストレートに伝わってきませんか?

聞き手に伝わりやすいスピーチをするためには、自分自身の気持ちを率直に表せばよいのです。言葉というものは、ホントの思いや実感が込められていると、相手に伝わりやすくなるのですから。

皆さんも、スピーチの際には、楽しい気持ちや意欲的な気持ちなど、ご本人の実感を言葉にして話をしてみてください。いつもと少し違う聞き手の反応を確認できるに違いありません。

話し方教室の要点「スピーチの表現、言い回し、言葉選びのポイント」

1.スピーチで、味気ない言い回しになりやすいのが、スピーチの出だし。その日の天候をベースにした出だしがよく見受けられる。スピーチ経験が豊富な人は、ひと工夫したい。

2.そのためには自分自身の気持ちを「率直に」表すのがポイント。言葉というものは、ホントの思いや実感が込められていると、相手に伝わりやすくなるし、スピーチのオリジナル性も高まる。

さて、相手に「伝わる話し方」について詳しく学びたい方は、話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院東京で、しっかり学ばれるのがよいでしょう。

© スピーチの名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/学院総長・社長ブログ