話し方教室「ビジネスでのパブリック・スピーキングに対する不安を減らすには?」(社長・経営者講座)

スピーチ・プレゼンの不安を軽減する方法はあるのか

人前で話すことを苦手とするビジネスリーダーは少なくありません。しかしながら、ビジネスにおいて、プレゼンテーション、スピーチ、会議での報告などパブリックスピーキングを避けて通れないのはご存じの通りです。

今回は、経営幹部のためにビジネスプレゼンに対する不安を軽減するコツを述べてみましょう。

ビジネスプレゼンでは、何といっても「話の構成」がしっかりしていることが大事です。話の構成・展開は、プレゼンテーションの質を左右します。話し手は、聞き手の理解が得られるように内容を構成し、明瞭簡潔に伝えることが肝心です。

そうはいっても、緊張のあまり話し手が途中で言葉に詰まるなど、上手く情報伝達できないこともあるかもしれません。そこで、「プレゼン資料」の準備が重要になります。資料があれば、話し手は言葉での説明に加えて資料で内容を補足できます。また、話し手のプレゼンテーションに対する緊張・不安・プレッシャーも軽減されることは想像に難くないでしょう。

配布資料、スライド資料などを聞き手に提示することは、もちろん聞き手にもメリットがあります。言葉だけの説明よりも、プレゼンテーション内容をより正確に理解できるのです。

言葉・表現を選んで的確なスピーチを

ついでながら、スピーチやプレゼンにおいては言葉選びや表現は重要ですから、それを意識する必要があります。

複雑で冗長な言葉、婉曲表現、専門用語は、一見、聞き手にとって強く印象に残ると思われがちです。しかし一方で、誤った解釈を招く要因にもなります。ですから、プレゼン内容に対する正しい理解を得るには、シンプルな言葉、直接的な表現など聞き手に配慮した言葉や表現を選ぶことが必要になります。

話し方教室の要点「ビジネスにおけるパブリックスピーキングのポイント」

1.人前で話すことを苦手とするビジネスリーダーは少なくない。しかし、ビジネスにおいて、プレゼンテーション、スピーチ、会議での報告などパブリックスピーキングは避けて通れない。

2.ビジネスプレゼンでは、配布資料、スライド資料など提示することで、聞き手に対してプレゼンテーション内容がより正確に伝わる。また話し手には、あがり症や緊張緩和に役立つ効果もある。

3.スピーチやプレゼンテーション内容に対する正しい理解を得るには、シンプルな言葉、直接的な表現など聞き手に配慮した言葉や表現を選ぶことが大事。

さて、これまで何度も紹介してきていますが、人前でスピーチやプレゼンをすることの恐怖は、「死ぬ恐怖」をも上回るほどです。これは古今東西を問いません。

でも心配はいりません。その恐怖が「全然ない人達」も一握りいるのです。その人達とは、断トツの訓練をしてきた人達です。それなら、皆さんも断トツの訓練をすればよいのです。簡単な理屈ですね。

しかしその訓練には、スクールの選択がカギになります。幸い東京には、スピーチの名門日本コミュニケーション学院東京があります。どんなハイレベルでも結果を出せますので、ご利用になるのが良いでしょう。

(2018/06/23記事初出,2018/10/20記事更新)

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ力/社長・経営者の話力・スピーチ力開発