話し方教室「聞き取りやすいスピーチとは、1分間に何文字?」(社長・経営者スピーチ・コミュニケーション講座東京)

たくさん話したいために、スピーチが早口になっていませんか?

社長や経営者のように長年にわたってスピーチを行っていると、話したい内容も増えるものです。しかし、スピーチをする時間には限りもありますので、たくさん話そうとすると、ついつい早口になってしまうのではないでしょうか。

聞き手は一般的に、ゆっくりとした話し方の方が聞きやすいと感じています。ですから、早口で話すことには注意した方がよいと言えます。

ところで、皆さんに質問です。「スピーチで聞きやすいスピードの目安とは、『1分間に何文字』だと思いますか?」

1分間に300字を目安に、スピーチしよう

スピーチで聞き取りやすい目安は、1分間におよそ300字と言われています。これはアナウンサーがニュース原稿を読んでいるスピードになります。

1分間に300字のペースなら、速すぎず、少しゆっくりめに感じますから、聞き手にとって聞き取りやすい速さになります。これなら聞き手は、1字1句を聞き取ることも可能です。

もっとも、スピーチの際のスピードは「個性」でもあります。要は、おおよそのスピードの目安を知っておき、あとは「少し遅め、少し早め」など自分の個性を活かせるスピーチをすればよいわけです。

ゆっくりめのスピーチのメリット

そうは言うものの、「ゆっくり」としたペースでスピーチすることには、メリットも少なくありません。まず、聞き手に落ちついている印象を与えます。特に、専門的な内容のスピーチをするときは「ゆっくりめ」が望ましいでしょう。なぜなら専門的な話は難しい内容になりますから、聞き手の理解度を高めるために、ゆっくりとしたペースで話す方が効果的だからです。

ゆっくり話すメリットは他にもあります。聞き手には、自信に満ちているように感じられるのです。その結果、信頼感も高まりやすくなります。

以上の点からも、社長や経営者の方には、できれば、ゆっくりとした話し方でスピーチすることをお勧めいたします。

(2018/10/28ブログ更新,2017/03/06初出)

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社長・経営者の話力・スピーチ力開発