話し方教室「ロナルド・レーガンに学ぶコミュニケーションスキル」(社長・経営者講座東京)

ロナルド・レーガンのリーダーシップの秘密

リーダーシップ研究を行う「エマージング・リーダーシップ・ジャーニーズ」では、ロナルド・レーガンのリーダーシップについて解説しています。

彼が「偉大なコミュニケーター」と言われた秘密は、いったいどこにあるのでしょうか。

レーガンの効果的コミュニケーションスキルとは?

さて、効果的なコミュニケーションには、「情報の提供」以上のものが必要になります。なぜなら私達は、情報を論理だけで受け取るのではありません。情報を感情でも受け取っているからです。

したがいまして、効果的コミュニケーションとは、論理だけではなく「感情にも訴える」コミュニケーションということになります。

ロナルド・レーガンは、まさにこのコミュニケーションスキルに長けていた、というのです。

曰く「彼に大統領としてのカリスマ的な能力があったわけではない。しかし彼のコミュニケーションスタイルは、カリスマ的なものとして認識されている」とのことです。

ご存じの方も多いと思いますが、彼は若い時代にアナウンスや俳優の経験があります。その時に、明瞭で安定した声、表現力に長けたジェスチャーを習得しているのです。その表現力で感情に訴え、聴衆を魅了するスピーチができた、というわけです。

ちなみに、彼の2005年の全米大統領就任演説は、歴代大統領トップ3に加えられています。

逸話やジョークを用い、聴衆にとって重要なテーマでスピーチ

また彼は、聴衆の関心や注意を保持するため、「逸話やジョーク」なども大いに活用したといいます。そうした親近感がさらに信頼性を高めたともいわれています。

さらに、スピーチのテーマは「子ども」、「お金」、「国」、「未来」など、聴衆にとって重要なもので構成されていました。それが国民の注意を引きつけ、彼の支持率やカリスマ性にもつながった、と分析されています。

(2018/10/22ブログ更新,2017/04/22初出)

© スピーチの名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/社長・経営者の話力・スピーチ力開発